準確定申告での申告漏れはどうなる?

準確定申告での申告漏れはどうなる? - 知らなかったじゃ済まない?所得税の準確定申告について教えて

知らなかったじゃ済まない?所得税の準確定申告について教えて > 準確定申告での申告漏れはどうなる?

準確定申告での申告漏れはどうなる?

故人から遺産分けを受けると準確定申告が必要になりますが、コレをしなかった場合、申告漏れとなります。
そうなった場合、どうなるのでしょうか?

この場合は税務不備として、ペナルティの対象になります。
税務は滞りなく正確にこなされる必要があり、それができなかった場合は、一応「脱税」との扱いになります。
申告漏れも厳密にはそのような扱いになりますので、たとえ悪意がなかったとしても、ペナルティは免れません。

具体的に何があるかというと、追加徴税ですね。
これが申告漏れに対する主な対応となります。
本来納めるべきだった税金を改めて請求されるのはもちろんのこと、納税が遅れたことに対する追徴課税分が加算されます。
具体的に何割の追加徴税になるかは、各ケースの過失度によります。
明らかに狙ってやった脱税であり、申告が必要なこともわかっていてしなかった場合、過失が重いと判断され、追加徴税も重くなりがちです。

しかしそもそも準確定申告が必要なことを知らず、うっかり期限を過ぎてしまっただけなら、ペナルティの中では一番軽い税率になることが多いですね。
ただ、どれだけ悪意がなくても、申告漏れに対するペナルティは避けられませんので、遺産分けを受けたら準確定申告をお忘れなく。

ちなみに、申告漏れはそもそも手続きをしなかった場合だけではなく、申告した内容に不備があった場合も含まれます。
普段から確定申告をやっている方なら慣れていると思いますが、税務署でこれら書類を提出した段階では、記入漏れのチェックはされるものの、記入した内容の正当性まではチェックされません。
本来税務は、それを申告する側で問題ない状態にしてから税務署に申告するものであり、内容に間違いがあれば、それは申告した側の責任となるんですね。
もしわからないことがあれば、やはり申告する側で税務署に相談することが必要です。
それを何もせずに提出し、その内容に不備があった場合、軽度の申告漏れと判断されることが多いです。
これもまた気を付けたい申告の基本ですので、慣れていない方は慎重に書類を作成してください。