準確定申告で納める税金、所得税とは

準確定申告で納める税金、所得税とは - 知らなかったじゃ済まない?所得税の準確定申告について教えて

知らなかったじゃ済まない?所得税の準確定申告について教えて > 準確定申告で納める税金、所得税とは

準確定申告で納める税金、所得税とは

遺産分けを受けたあとに気を付けたいのが、準確定申告です。
これは税金の手続きになり、故人にかかる税金を代わりに申告する形になるのですが、そもそもコレが何の税金についての手続きなのか、普段から確定申告になじみがない方にはわかりませんよね。
これは所得税の申告手続きになります。

収入があったとき、その収入のうち決められた割合に応じて、所得税がかかります。
もちろん控除という非課税項目もありますので、実際には無課税、つまり所得税0円になる場合も多いんですが、基本的には収入があったら所得税のことを考えないといけません。
コレを計算し、所得税がかかっているなら、申告が必要です。

その申告はいつやるのかというと、それが一年に一回ある「確定申告」なんですね。
自営業の方や、一定の条件に当てはまる方は、この確定申告で一年間の収入に応じた所得税を申告し、納税します。
勤め人の方がコレをしなくて済むのは、源泉徴収という形で職場が代理で手続きをしてくれるからです。
自分でしなくていいだけで、誰しもが収入に応じた所得税を払っているんですね。

準確定申告とは、収入のあった個人が一年のどこかで亡くなったことにより、臨時で行う確定申告のことです。
普通なら2月から3月にかけて行う申告を、故人が亡くなって相続が開始されたのを知った日の翌日より、4か月以内を期限として行います。
収入のあった方はすでに亡くなっていますので、この申告を行うのは、故人から遺産分けを受けた個人や、包括遺贈を受けた法人です。

コレが必要なのは、申告が必要な所得税が発生しつつも、それを申告すべき個人がもういなくなっているからですね。
そのままだとその所得税が宙に浮いたまま、誰も申告せずに納められなくなります。
それを避けるため、故人にかかっている最後の所得税を、遺産分けを受けた側で行うわけです。
このように、準確定申告で手続きしているのは、つまりは所得税です。
収入のあった個人がたとえ申告前に亡くなっても消滅しない税金ですので、遺産分けを受けた方たちは忘れずに手続きしてください。