準確定申告で受けられる還付とは

準確定申告で受けられる還付とは - 知らなかったじゃ済まない?所得税の準確定申告について教えて

準確定申告で受けられる還付とは

準確定申告も、通常の確定申告も、これは所得税の清算手続きになります。
そしてこの手続きの結果、還付金が戻ってくる場合も多いんです。

そのワケですが、勤め人などをしていると、収入からいくらか天引きがありますよね。
「源泉徴収」と言いますが、これが所得税の支払いのための天引きなんです。
本来なら一年後にまとめ払いする所得税を、毎月の給料から天引きする形で、先払いするのがこの制度なんです。
しかしこれは毎月の給料からの概算でおよその金額を計算し、それを先払いしています。
一年間の合計収入で正確に計算した所得税額とは、金額がずれることがあるんですね。
それを清算するのが、確定申告という手続きなんです。
勤め人の方なら、職場で行われる年末調整がそれに当たりますね。

これでおよその計算で先払いしていた所得税と、実際の所得税額の差額を清算します。
このとき、払い過ぎていたお金はもちろん戻ってきます。
このお金が「還付金」なんですね。
故人が亡くなった年に得ていた収入にこの源泉徴収があった場合、準確定申告によって還付金が戻ってくる場合も多いです。

ただし、源泉徴収があっても、絶対に還付金があるとは限りません。
故人が得ていた収入から計算される所得税額よりも、源泉徴収額が少なかった場合、不足分を追加で納税する必要がありますからね。
ですから、源泉徴収があったとしても、故人の最後の年の収入と、そこにかかる所得税額は必ず計算してください。
その金額を源泉徴収額が超えていれば、少なくとも納税のために急いで申告する必要はありません。

申告により還付金が返ってくる場合、その準確定申告の受付期限は5年以内です。
この期間に申告すれば、故人が最後の年に払い過ぎていた所得税額を返してもらえます。
ちなみにこの場合なら、無理に申告しなくても問題はありません。

もし源泉徴収額が不足しているか、もしくはそのような先払い金が一切ない場合、還付金はありません。
つまりは納税額が不足しているということですので、還付金がないからといってこの申告を忘れないように気を付けてください。