準確定申告にマイナンバーは必要?

準確定申告にマイナンバーは必要? - 知らなかったじゃ済まない?所得税の準確定申告について教えて

準確定申告にマイナンバーは必要?

全国民に番号が割り振られるというマイナンバー制度ですが、確定申告で必要になりましたよね。
これは準確定申告でも必要でしょうか?

まず確定申告書を作る際、普通なら申告者のマイナンバーが必要になりますが、準確定申告の場合、被相続人の番号は不要です。
ですから、故人のマイナンバーを探す必要はありません。

ただし、準確定申告をするために、連名で名前や相続額を申告する、相続人や包括受遺者の番号が必要になります。
この申告では普通なら必要ない特別な添付書類があり、そちらに相続人等の氏名や住所、職業などを記入する必要があります。
これら基本情報の中に、マイナンバーも含まれています。
コレを記入し、さらに相続人たちの身分証明書の提示、もしくは写しの添付が必要です。
ココで必要な身分証明書とは、個人番号と住所氏名などを確認できる書類になります。
個人番号カードならそれ1つで間に合いますが、持っていない場合は、番号の通知書と普通免許証といった2つの書類を提示、もしくは写しを添付する形になるんです。

このように準確定申告にもマイナンバーはかなり必要になり、主に遺産分けを受けた方達のものが必要です。
ちなみに、遺産分けの対象になった方は全員の連名でこれら書類を作成する必要があり、個人番号なども必ず必要になります。
全員が気心の知れた親族ならいいですが、包括受遺者など、親族ではない方もいる場合、マイナンバーを他人に見られるのは抵抗があるかもしれません。
そんなときは、各個人でこの準確定申告をする方法もあります。

遺産分けを受けた誰かが一度準確定申告をやり、連名が必要な書類は他の相続人の名前を記入し、個人で提出します。
その内容を他の対象者全員に連絡し、他の人にも同じように個別で申告してもらいます。
これならマイナンバーを含め、かなり踏み込んだ個人情報を誰かに見られずに済みますよね。
相続人や包括受遺者などで対立があり、連名での手続きが難しいときにも使われる方法です。

このように、準確定申告にもマイナンバーは必要になりますので、そのつもりで用意しておいてください。